WTAPS(ダブルタップス)|リアルミリタリーとストリート

スポンサーリンク
wtaps1

WTAPS(ダブルタップス) /デザイナー 西山徹

NEIGHBORHOODを滝沢伸介氏と共に立ち上げた西山徹氏が1996年にスタートしたブランド、WTAPS(ダブルタップス)。

前身となるのは西山氏が1993年に、東京・原宿にてSKATE THING氏らと共に立ち上げたブランド「フォーティーパーセント アゲインストライツ(FORTY PERCENTS AGAINST RIGHTS® , FPAR)」。

FPARは、シルクスクリーンプリントのアイテムをメインに当時原宿にあったショップ「NOWHERE」で販売されていましたが、1996年に休止。

そして「WTAPS」として活動を再開しました。

wtaps-2011-fall-winter-way-of-life-collection-1

ブランドコンセプトは「Placing Things where they should be (あるべきものをあるべき場所へ)」で、 基本的な軸は歪めず、シンプルなまとまったアイテムが展開されます。

日本を代表するストリートブランドですが、ミリタリーなアイテム作りを得意としております。

かなり本物志向なミリタリーのエッセンスを汲みとりながら、シルエットやディテールを再構築し、都会で暮らすユーザーのリアルクローズとなるようモダナイズされています。

wtaps supreme wtaps-x-vans-2015-fall-winter-preview-1

また西山氏自身が12歳からスケートをしていたということもあり、そちらのカルチャーにも造詣が深いブランドです。

そういった繋がりでSupremeやVANSといったブランド、他にも西山氏が昔バイトしていたStussyなどのストリートブランドとのコラボが実施されてきました。

定番の名作「BUDS」

裏原系が爆発する当時のスケートボードカルチャーでは、Tシャツやボード、ステッカーにグラフィックやメッセージを描きこんで自己表現するという形が多く、

WTAPSの前身となるFPARも、高橋盾氏のアンカバも、GOODENOUGHも、Tシャツへのプリントからスタートしました。

しかし高橋盾氏がUNDERCOVERとして本格的なコレクションを展開し始め、NIGO®氏がA BATHING APE®を立ち上げ、よりデザインを意識したアパレルを作ろうという動きが起きてきた中で、

西山氏もTシャツ中心の服作りから「移行」する意識が現れ始めます。

そこで第一に情熱を持って作りたいと生まれたのがこの「※BDUシャツ (BUDS)」になります。

※「BDU」とは、アメリカ軍に採用され、兵士に着用されていた戦闘服「Battle Dress Uniform(バトル・ドレス・ユニフォーム)」の略称です。

参照:https://www.houston-book.com/2090/

最初期から今に至るまで、もう約20年以上ラインナップされているブランドのイメージ・根幹を担うこだわりのリアルクロージングで、ユーティリティシャツをベースにWTAPSらしく再構築された一着です。

前身頃に配されたフラップポケットとブランドロゴとサイズのアルファベットコードを刺繍した布パッチが特徴的で、素材感などマイナーチェンジを加えながらリリースされています。

このBUDSをベースに、非常にかっこいいミリタリーアイテムが豊富なWTAPSですが、

原点となるこちらは、定番ながら説得力のあるデザインで、毎シーズンしっかり売り切れる人気アイテムのため、是非しっかりチェックしておいてください。

価格帯:長袖(LS)¥27,000、半袖(SS)¥24,000 程度

参照:https://i-d.vice.com/jp/article/8xdn93/wtaps20

高良健吾や窪塚洋介も着用

grind_201011

そんなWTAPSは、裏原系を着こなすお洒落芸能人、高良健吾 氏や窪塚洋介 氏といった方々に着用されています。

裏原が爆発的な人気を誇っていた頃から時代は変わり、今はもう列に並ばないと何も買えないというようなことはありませんが、その頃から愛用されていた方々は今も変わらず軽快な着こなしを楽しまれていると思います。

GRINDなどでそういったストリートシーンにおけるアイコンの方々が着こなす姿を見るとやはりその理由やカッコよさがより一層分かるかと思います。

wtaps 窪塚洋介

こちらは窪塚洋介氏が非常にかっこいいですが、元々WTAPS自体、骨太なところもありながら、全体的に軽快でクリーンなストリートブランドのため、このルックのようにハットで外してあげるなど、小物使いでかなり上品なまとまり方も見せてくれるブランドです。

 

Wtaps-Fall-Winter-2014-Collection-Lookbook-Preview-01 a0118453_12584990

今すぐボードを抱えて外に飛び出していきそうな軽快なストリートアイテムも、骨太でミリタリーテイストなアイテムも、このブランド一つだけでもかなり幅広いスタイリングが展開していけると思います。

良ければ是非一度お店を訪れてみることをオススメします。

公式サイトはこちら

http://www.wtaps.com/index_j.html

スポンサーリンク

ABOUT管理人

げんするー

鈴蘭幼稚園卒。神戸大学経済学部卒。
市民レコード職員。
所得を弁えず覚悟だけで服を買っていく人生。
売れ線の音楽とアニメを嗜むミーハー。
YouTubeを始めました。下の「Website」から飛べます。