Dior homme(ディオールオム)|パリ・モードの代名詞

Dior Homme ルックブック

Dior homme (ディオールオム)

2001AWのパリコレクションにて発足したブランド、Dior homme (ディオールオム)。

それまでクリスチャンディオールのメンズライン的存在であったディオールムッシュから改名する形で正式に生まれました。

エディ スリマン期

エディスリマン

立ち上げの際のアーティスティックディレクターはエディスリマン。

スリマンと言えば当時イブサンローランでデザイナーを務めていたファッション界を代表するカリスマで、ファーストシーズンから大きな話題を集めることになります。

ディオールオム スリマン

「男たちにもっと洗練され、もっと魅力的なものになって欲しい」と語るスリマン。

彼は、黒基調のレザータキシード、細身のジャケットを中心とした非常にタイトでロックなルックを提案します。

ディオールオム エディスリマン期

同様に展開された細身のデニム、スキニージーンズも大ヒットとなり、爆発的人気を集めたディオールは、立ち上げから間もなく時のブランドとなります。

スリマンのデザインは一大トレンドを生んだだけでなく、多くのデザイナーにも影響を与え、2002年、「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」に選出されました。

クリス ヴァン アッシュ期 

クリスヴァンアッシュ ディオール デザイナー

輝かしい功績を残しながらも2007年にディレクターを辞任。

それ以降、現在(2016年)に至るまで、クリスヴァンアッシュがデザイナーを担当しています。

Dior Homme ルック

アッシュはイブサンローラン期からスリマンのアシスタントを担当してきたデザイナーで、彼がディオールに移籍する時も一緒に着いていった右腕的存在です。

そうして彼が手掛ける2008ssからスタートした新生ディオールオムは、これまでのロックなテイストとは少し異なり、クラシックでエレガントな要素を取り入れ始めました。

dior-homme-2014-pre-fall-lookbook-14

テイストに変化はあれど、こちらのディオールも見事に高い評価を受け、カリスマ不在の不安を感じさせずに現在も存続しております。

Dior hommeのスーツスタイル

dior-suit-business

そんなディオールですが、やはりブランドを代表するアイテムと言えば、細身のシャープなスーツかと思います。

ほとんどの男性が正装として身につける、ある種没個性的なアイテムではありますが、これは普通の物とは一回りも二回りも異なる究極の一着となっています。

ディオールオム スーツ

ディオール全盛期と言えるスリマン期は極端なほどタイトでした。

このスーツが着たいがために、世界的ファッションデザイナー、カールラガーフェルドが40キロ近く減量したのは業界でも有名な逸話だそうです。

無駄がなくミニマムで、男性の身体のラインを美しく魅せる洗練されたアイテムですが、今でも相当細身であることは間違いありません。

diorhomme_15aw_70

コレクションで提案されるスタイリング単位で見ると、少しソールがスポーティーな靴であったり、パイピングがポップなコートであったり、少し変化が加えられることもあります。

ディオールオム 2016ss ルック

しかしやはり軸にあるのは揺るがないスーツのエッセンス。

ベースとしてのスーツスタイルが完璧に完成しているからこそ、その上に散りばめられた遊びがしっかり成立します。

d1c7670394e009d80ae3e52251d6c3c5

深めの色合いやマットな質感からか、どこかしらミリタリーの要素が感じられるのもディオールらしい特徴です。

スーツとミリタリーという非常にカッコいい要素を併せ持つブランドの内、やはり頂点に君臨するのがこのディオールでしょう。

洗練された男の着こなしにはぴったりです。

ディオール スーツ ルパン三世

余談ですが、実写版『ルパン三世』の衣装(ルパンと次元)としてディオールのスーツが使われたのも少し有名な小話です。

たしかにスタイリッシュでしたが、中々に豪華な理由があったようです。

ディオールのジーンズ

zac-efron-gq-diorhomme

また、スーツが代表的なアイテムですが、ジーンズ(デニム)にも定評があります。

カジュアルなアイテムながら細身のシルエットが美しくスーツから引いてきたエッセンスが見え隠れします。

ディオール デニム 濃紺

特に定番はノンウォッシュのリジッドデニムです。

こちらはフロントのボタン部分がフックになっていて、ボタン部分なども綺麗に仕上げたモデルで、ジャケットなどに合わせて上品に履けるモデルになっています。

ディオール ダメージデニム ディオール 加工デニム

加工デニムもあります。

らしさという所ではリジッドの方に軍配が上がるかもしれませんが、こちらも美しいシルエットは健在で、シンプルにカッコよく履いてもらえる一着かと思います。

ディオール デニム バックポケット ステッチ

どのモデルも余計な装飾は一切省かれたデザインですが、バックポケットにはこのステッチが入ります。

リーバイスやエドウィンなどのように分かりやすい物ではありませんが、このシンプルな一本線を見ると少し反応してしまいますね。

値段は加工にもよりますが、大体5万円から8万円前後になります。

dior homme ルック GQ

こうして紹介してきたディオールオムですが、

無駄のないミニマムな細身で、少しミリタリー感の漂うスタイルは、おそらく多くの男性にとって憧れだと思います。

dior-homme-2014-fall

是非また調べてみてください。

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/156

スポンサーリンク