URU (ウル)|ギャルソン出身パタンナーによる原型と再構築

ウル ルック

URU (ウル) /デザイナー 漆山政春

漆山政春氏によって2010AWからスタートしたブランド、URU (ウル)。

元々ギャルソンでパタンナーとして活躍していたデザイナーが独立して生み出したこともあり、テキスタイルやパターンといった技術に長けたブランドです。

ウル ルック

漆山氏はパタンナーとして高く評価されており、「多くの東京ブランドのパターンを支えるバックボーン」のような存在と言われます。

そんな確かな技術から生み出される独特のデザインは、現在の東京のストリートシーンにしっくりハマるモダンさがあり、

感度の高いファッションフリークに着々と採用されています。

2016ss ルックブック

ブランドコンセプトは「Accelerate Creativity Accelerate Imagination -想像力(頭)と技術力(手)の加速-」。

パタンナー畑で培われた技術やノウハウを駆使し、そこに独自の解釈や観点が加えられます。

URUのデザイン、原型と再構築

ウル ミリタリージャケット

「パターンに自信があったため、それを生かした服作りがしたくてブランドをスタートさせました」と仰る漆山氏。

その「パターン」には始めと終わりがあるようです。

ワイドブリムハット

原型(パターン)をしっかり理解した上でそれを崩し、想像力で自らの線(パターン)を引いていく、

そんな破壊と再構築の先に生まれるのがこのブランドのパターンでありデザインです。

ウル カットオフビッグシャツ デニム 断ち切り

例えばこの断ち切りシャツ。

これは元々XL,XXLというようなきわめて大きなサイズだったデニムシャツを再び裁断し、リメイクするという着想から生まれたアイテムです。

シルエットと丈感が面白いアイテムで発色も良く、インナーで着てもアクセントとなります。

ウル バブアー

こちらはBarbourの名作「BEDALE」の型を利用して、ウール素材のアウターに落とし込んだアイテムです。

原型があるからこそ元のデザインとの隔たりが分かり、その距離感や変化がURUの魅力かと思います。

ワイド×ワイド

パターンの妙なのかは分かりませんが、ワイドシルエットでざっくりとリラックスしたルックも印象的です。

一般的にタブーと言われる上下ワイドも、このルックを見ればアイテム次第だということが分かります。

パープル ブルゾン ルック

全体的に淡いカラーパレットから服が作られますが、時折パープルのような目を引く艶やかな配色もあります。

シンプルながらモダンで色気のあるブランドです。

定番アイテム

ビッグニット

uru ブルーコーデ

そんなURUですが、定番で展開されるオススメのアイテムが幾つかあります。

中でもおそらくブランドの顔とも言えるアイテムがこちらのビッグニットです。

さらりと羽織っていますが、実は織り方に工夫がされています。

サマーニット

ハニカム構造という、蜂の巣みたいな構造になっていて、見た目の軽さとは裏腹にすごく断熱性が高くなっています。

長い袖はもちろんそのままでも構いませんし、まくってあげても可愛らしいです。

ビッグニット

ありふれたニットを知っているからこそ、変化球として効いてきます。

中性的な柔らかい雰囲気も特徴的です。

春先や秋口に、こんな少しフェミニンな出立ちで外に出るのも素敵かと思います。

カットオフビッグシャツ

カットオフビッグシャツ

こちらに関しては先ほどすでに紹介してしまったアイテムですが、

ビッグサイズのシャツの袖と裾をカットオフしたデザインが特徴的なURUらしい一着です。

そのビジュアル面での訴求力と、意外にも高い汎用性のおかげか、デビューシーズンの目玉アイテムとして登場して以来すっかり定番アイテムとなりました。

カットオフオープンカラーシャツ

素材や色は毎シーズンマイナーチェンジを加えられ、上のルックのように襟元がオープンカラーでピンクのような発色の良いデザインになるシーズンもあります。

既存のアイテムでは想像もつかない高度なレイヤードにオススメの一着です。

スウェットパーカー

大々的にルックで主役として登場したのは2016AWが初めてかもしれませんが、このスウェットパーカーも毎シーズンマイナーチェンジを加えながら展開される定番アイテムです。

このシーズンではsage、yellow、chellyと言う非常に繊細な色合いでリリースされ、特に話題を集めました。

色や風合いもですが、やはり魅力的なのはウルらしさの詰まったカッティングの妙が生む不思議なシルエットです。

肩の落ち具合や丈感、身幅の取り方など計算し尽くされているため、ありふれたアイテムでありながら全く違う雰囲気を持っています。

インナーとして着る分には少し大きいかもしれないので、アウターを選びますが、ウルのアウターであれば膨らみを持たせたバルーンシルエットの物も多いため、相性は抜群です。

ちなみに余談ですが、ウルのコレクションでモデルが着用しているサイズは、展示会でも使用されている2番だそうです。

180cm以上の細身体型が着ている2番がルックのサイズ感だと理解してもらうと、サイズ欠けも多い時に通販などで買う分にも対応しやすいかもしれません。

キュプラシリーズ

ウル キュプラセットアップ

そして何と言っても忘れてはいけないのが、キュプラシリーズ。

光沢感があり、シャリ感のある肌触りの良い生地、キュプラを利用して作られるシリーズで、

ジメジメとした夏でもお洒落を楽しめる力強いシリーズです。

メンズファッションブランド

シリーズと言っているのはたくさんのアイテムの型が展開されるからで、基本的なシャツとパンツのセットアップは確定として、

そこに上のルックのようなコートなどが展開されることもあるからです。

また例えばLANTIKIのように、セレクトショップで別注の型が売られる場合もあります。

キュプラポンチョ

春夏のアイテムと思われがちですが、このようにニットの下に一つ噛ませてみても面白いですし、本当にスリーシーズンどころかフォーシーズン対応できるシリーズかもしれません。(ルックのアイテムはキュプラポンチョ)

これほどモードな出で立ちをしながら対応力の高いシリーズもそうないかと思います。

オススメです。

キュプラポンチョ モード

こうして紹介してきたブランド、URU。

たくさんのブランドを紹介しているこのサイトの中でも、個人的にかなりイチオシのブランドとなっています。

是非一度手に取ってみてください。

プルオーバー

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/2954

スポンサーリンク