WACKO MARIA(ワコマリア)|スーツとハットで洒落たルードスタイル

スポンサーリンク
wackomaria shirt

WACKO MARIA(ワコマリア) /デザイナー 森 敦彦、石塚 啓次

2005年に設立したブランド、WACKO MARIA(ワコマリア)。

ブランド名はラテン語で「へんてこマリア」という意味を持ちます。

元サッカー選手の森 敦彦氏と石塚 啓次氏によって生まれたブランドで、音楽をベースに、映画やアートなどの影響を受けつつクリエーションをしているブランドになります。

お二人はJリーグ創成期の有力な選手同士で、現役時代から目立った存在だったそうです。

レゲェ好きとして知られ、ドレッドヘアやバンダナ姿で試合に出ることもしばしば、一部のサポーターからレゲェ君とも呼ばれた森氏。長身細身のアスリートらしからぬ体型で高校時代から女性ファンを魅了し、プロ入り後も、ロールスロイスに乗ったり、インタビューで、休日は彼女と代官山で遊んだりスケボーをしたりしていると語る石塚氏。

どことなく『遊びの匂い』をまとう異端児といった風情を漂わせていたこの二人が「酒」「女」「音楽」「ハット」をコンセプトに立ち上げたのがこのワコマリアです。

参照:https://www.modescape.com/magazine/wacko-maria-is-one-of-most-cool-brand.html

wackomaria hat

「自分が女ならこんな男に惚れる」と思える服を作られている、と言いますが、そのデザインには男臭いルードな部分と、茶目っけのある拘りが共存します。

「犯罪者(共犯者)ご一行様」の意味を持つ「GUILTY PARTIES(ギルティーパーティーズ)」をキーワードにかなりセンセーショナルな柄が使われることも多いですが、素材の質感やシルエットは抜かりなく、その辺りのギャップも映えます。

wacko-maria

ちなみにWACKOMARIAが意味するGUILTY PARTIESには、「良いことも悪いことも共にやっていく仲間達」という意味も含まれているそうです。

ちょっとした悪友のようなニュアンスはまさにルードそのもの。

そこに痺れる(憧れる)方も多いのではないでしょうか。

ワコマリアの定番スタイリング

セットアップ×ハットetc..

v11_plot2

ワコマリアの拘りが最も顕実化する名作と言えば、やはりスーツ(セットアップ)とハット(パナマハット)です。

セットアップはシーズンによって、ウールだけでなく、ウエポン素材やコーデュロイなど、様々な素材で展開されていて、シーンに合わせた利用が可能です。

引用:https://www.enjoytokyo.jp/style/105572/

細身でスタイリッシュなシルエットはスタイリストの方にも高く評価されていて、結果と芸能人やミュージシャンの方にも愛用されています。

三代目 J Soul BrothersやEXILE、SMAPや嵐、BIGBANGなどなど、、超有名なアーティストやグループがメディア出演の際に着用されてきました。

もちろん上のルックも含め、ストリートシーンのアイコンでもある窪塚洋介氏や松田翔太氏も着用し、話題を集めました。

細身の綺麗なラインながらも、身体の曲線に合わせた仕立てで、腕を動かした時も無駄なシワができにくく、いわゆる「良いスーツ」という条件も満たしています。

引用:https://vogueword.click/archives/2932

そこに定番展開されているこのハットを合わせてもらうと、かなりクールに決まります。

ちょっとしたイタリアンマフィアのようなイメージでカッコよくセットアップを着こなしたい、という方には間違いないブランドです。

ワコマリア ネクタイ ワコマリア ラメソックス

少し遊びの効いたネクタイであったり、ラメソックスであったり、セットアップをハズす用意も十分です。

スーツベースのカッチリと決め込んだ所に、こういったワンポイントないしツーポイントで、お茶目に決めるのは相当イケてるかと思います。

HAWAIIAN SHIRT(ハワイアンシャツ)

セットアップに負けず劣らずブランドの代名詞とも言える定番アイテムがこちらのHAWAIIAN SHIRT(ハワイアンシャツ)です。

アロハシャツなどとも言え、呼び方は様々あり、半袖だけでなく長袖もありますが、インパクトの強い柄を用いたオープンカラーシャツになります。

夏場は一枚で様になる訴求力の高いアイテムですが、セットアップのインナーにこちらを挟ませてルードにハズすスタイリングがブランド的に提案されており、非常にカッコいいスタイルであります。

価格は基本的に¥33,000程で、柄のコラボなどによって上がってくる形になります。

種類はかなり多いですが、人気の物はすぐになくなってしまいますので、是非お気に入りのモノを探してみてください。

T/Cパンツ

こちらはポリエステル65%、コットン35%の通称T/Cパンツです。

非常に綺麗なシルエットでワイド、レギュラー、スリムの3型で展開されます。

セットアップのスラックスのシルエットも非常に美しく、元々パンツのラインにも定評があるブランドではあるのですが、まとめてセットアップを買うには余裕がないという場合は、こちらから入るのが良さそうかと思います。

シルエットは勿論、バックポケット横のタグなど気の利いたディテールもあり、またシワの戻りも早いイージーケアなチノパンツになりますので、非常にオススメです。

個人的にはスリムのシルエットが好きですが、値段も¥20,000程で、他を探し回っても中々見当たらないかなり良いバランスで成立した一本ではないかと思っております。

int20131101-743

こうして紹介してきましたブランド、ワコマリア。

男らしくカッコ良く、でも茶目っ気や遊び心も忘れたくない、という方にはピッタリのブランドかと思います。

是非また調べてみてください。

公式サイトはこちら

http://www.wackomaria.co.jp/

スポンサーリンク

ABOUT管理人

げんするー

鈴蘭幼稚園卒。神戸大学経済学部卒。
市民レコード職員。
所得を弁えず覚悟だけで服を買っていく人生。
売れ線の音楽とアニメを嗜むミーハー。
YouTubeを始めました。下の「Website」から飛べます。