RAF SIMONS (ラフシモンズ)|独学の服作りで示すアティチュード

ラフシモンズ ルック

RAF SIMONS (ラフシモンズ)

1995年、ベルギー出身のデザイナー、ラフシモンズが自身の名を冠して立ち上げたブランド、RAF SIMONS (ラフシモンズ)。

デザイナーは自身のブランドだけでなく、その類稀なセンスで、ジルサンダーやクリスチャンディオールといったメゾンのディレクターを担当することになります。

Raf Simons Men's Fall 2016

そういった経緯もあって今では世界中に名を轟かせているラフシモンズですが、

実は工業系の学校を卒業しており、ファッションに関する正規の教育過程は経ていません。

つまり独学で服作りをしているデザイナーになります。

Raf_Simons_AW14-15

大学卒業後、インテリアデザイナーとして活動していた彼ですがファッションに興味を持つきっかけとなったのは、ベルギー人デザイナー、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクとの出会いだと言います。

ウォルターヴァンベイレンドンク ルック

(ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクのルック)

服だけに拘らず、マスク、家具などありとあらゆる物をデザインする彼のファッションへの姿勢を見て、「専攻が異なる自分も働かせてもらえるのでは?」と手紙を送ったのが始まりでした。

RAFSIMONS_2016SS

その後ウォルターが連れて行ったマルジェラのショー(場所は黒人が多く住む地区の公園だったそう)で、「ファッションの可能性」に衝撃を受けたのが、彼をファッションの道に引き込む決定打となったそうです。

ファッションで示す姿勢(アティチュード)

ラフシモンズ デザイン

ラフシモンズというとそのアーティスティックで芸術性の高いデザインが特徴的ですが、やはりそこには彼に影響を与えたウォルターやマルジェラの姿勢が反映されているのでしょう。

ラフシモンズ paris 15aw

大胆なカッティングや目を引くプリントもそうですが、彼は「アート(芸術)」ありきでデザインにアプローチをするという表現がよくされます。

ラフシモンズは「自身の興味がファッションよりもアートの世界の方に広い」とも言うように、表現の一つのツールとしてファッションを用いたアプローチをしているデザイナーになります。

Raf_Simons

流行のデザインの元に量産されるファストファッションが台頭している現代において、彼の服は間違いなくその対極に位置する存在でしょう。

ただその姿勢やデザインから示唆されることもあるのかと思います。

定番化しているコラボ

adidas by RAF SIMONS

adidas by rafsimons

そんなラフシモンズは幾つか老舗のブランドと定番でコラボアイテムを展開していることでも有名です。

adidasとのコラボは有名で、近未来的なハイテクスニーカーからスタンスミスまで展開されます。

Raf-Simons-adidas stansmith

スタンスミスはラフシモンズの「R」の文字を型どったパンチングがされているのが特徴的です。

流行りの一足もこのディテールで差を付けられます。

adidas by rafsimons

かなり可愛らしいモデルもあって、良い感じのハズしに効いてくれるかと思います。

またチェックしてみてください。

RAF SIMONS × FRED PERRY

RAFSIMONS_FREDPERRY

月桂樹のロゴが入ったポロシャツで有名なFRED PERRY (フレッドペリー)とのコラボも。

こちらはブリティッシュテイスト溢れる清潔なブランドですが、上手くラフシモンズらしさが足されて遊び心が増しています。

raf_simons フレッドペリー

定番のアイテムだからこそ、普通に探すだけでは見つからないデザインがより一層映えます。

襟などを筆頭に絶妙な配色が効かされていますので夏場の一着として大活躍してくれるかと。

ラフシモンズ ルック

コラボアイテムもメインのブランドも、そのアーティスティックなセンスが滲み出るコレクションとなっています。

是非一度手にとって見てください。

ラフシモンズ RS_aw15

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/43

スポンサーリンク