GOSHA RUBCHINSKIY |ロシア発の都会的ストリートブランド

Gosha-Rubchinsky ゴーシャラブチンスキー

GOSHA RUBCHINSKIY (ゴーシャラブチンスキー)

映像作家でもあり、フォトグラファーでもあるデザイナーが、自身の名を冠してモスクワを拠点に2012年より始動したブランド、GOSHA RUBCHINSKIY (ゴーシャラブチンスキー)。

スケートやクラブシーン等のユースカルチャーにインスパイアされたアイテムをユニークな解釈で展開するのが特徴的です。

ファッションシーンにおいてロシアに初めてスポットライトを当てるきっかけとなったと言っても過言ではないブランドです。

ゴーシャラブチンスキー

そんなゴーシャですが、最初は元々ブランドにする予定などなかったと言います。

2008年にファッションプロジェクト「we」を立ち上げ、パフォーマンスとして企画したモスクワでの最初のショーがきっかけとなり、ショーの後、当時のモスクワの独立系ファッションウィークのような存在だったサイクル・アンド・シーズンスに招待されます。

そうして新しいコレクションの目処が立ち、その後ロンドンから招待が来て3つ目のコレクションを制作。

同時期にComme des Garçons(コムデギャルソン)の川久保玲氏が、彼のセンスに目をつけます。

そうした経緯があって現在はギャルソンによる生産、サポートによってアイテムが展開されています。

ゴーシャ メンズファッションブランド

ゴーシャは現在のファッションにおいて重要なのは、物語(ストーリー)だと言います。

ファッションというのはストーリーさ。イヴ・サン=ローランやカール・ラガーフェルド、ジャン・ポール・ゴルティエも、それぞれのストーリーを語った。彼らのようなデザイナーは、ひとりひとりが違う世界を表している。90年代後半には変化があって、ファッション界が若者文化や若い連中のストーリーに出会った。エディ・スリマンやラフ・シモンズのような人たちがそれを基に作品をつくった。シュプリームみたいなストリートファッションブランドがここまで大きくなったのは、彼らのおかげさ。そうこうしているうちに市場が変わった。皆、毎日新しいストーリーを聞きたくて探しているんだ。物には魂を吹き込まなきゃならない。ファッションそのものには何の意味もない。豪華さは見る人次第だし、そうみてもらえるように仕向けることは可能さ。ぴったりくるストーリーさえあれば、ビール瓶だってどうしても手に入れたがるような豪華アイテムになる。何だってそうさ。製品そのものは重要じゃない。SupremeのセーターがCHANELのドレスと同じくらい欲しくてたまらないものになることだってあるんだ。

引用:https://i-d.vice.com/jp/article/gosh-rubchinskiys-berlin-diary

ゴーシャ ルックブック

スキニーパンツが現れた当時、モスクワでそれを履く人をゲイと読んだ人々が、adidasが提案したスキニータイプのトレパンの発売以降、細いボトムを着始るようになったり、

初めはSupremeをダサいと非難していた人たちが、今では他の大勢と同じようにそれを着ていたり、

ファッションには物語があります。(マーケティングとも言えるかもしれません)

その物語とスケートボードから、自分のアイデアであったりスタイルを信じることを学んできたと言います。

ゴーシャラブチンスキー

そうして往年のラフのように「自分の作りたいものを作る」というゴーシャですが、それと同時に「リアルなものを作りたい」という思いが強いと言います。

そこでストリートにおけるリアルの代名詞として現れ、彼のコレクションの軸にも存在するのが前述のスケートボードなのです。

ぼくはリアルなものが好きなんだ。新作コレクションに取り組むときには、変なものや不自然なものはつくりたくはない。スケーターファッションは着心地が良いことが大前提。スケーターには独自のスタイルがあって、自分だけのひと工夫があって、その人らしい着方があるのさ。だからこそスケートボーダーの格好を見ていると面白いし、ぼくにインスピレーションを与えてくれる。あいつらのファッションはお洒落なのに着ていて楽なんだよ。それって、デイリーな着こなしにはバッチリだろ。

引用:https://i-d.vice.com/jp/article/gosh-rubchinskiys-berlin-diary

ゴーシャのポジティブなダサさ

ゴーシャラブチンスキー ルックブック

こうして主にデザイナーのマインド的な部分にスポットライトを当てて紹介してきたゴーシャですが、ギャルソンからバックアップを受けるブランドだけあって、現在ヴェトモンと並んでストリート界の2大スタートとも言われています。

そんなゴーシャのデザインに関して、色々と調べている中で、個人的にも非常にピンときたのが、「ポジティブにダサい」という表現でした。

ゴーシャ コレクション

以下はGQで紹介されている2017ssコレクションのレポートの抜粋です。

80年代の日本のヤンキー、それもチバラギ的なセンス、と言えばいいだろうか。昭和の中学校の体育教師が着ていそうなセルジオ・タッキーニの赤のジャージ、カッパのランニングショーツ、フィラのテニスシューズ、80年代の中途半端な色みのデニム……普通の感覚で言えば野暮のオンパレードである。

引用:http://gqjapan.jp/fashion/collection/20160616/gosha-rubchinskiy-show-report

ゴーシャ

このレポートにもありますように、ゴーシャのデザインの特徴とも言えるのが、その絶妙な野暮ったさです。

インスピレーションとなったのが、ソ連という過去を持つロシアという国が持つ、共産主義的なカルチャーなのかどうかは分かりません。

とにかく彼はその鋭い感性と嗅覚で「90年代」というテーマにいち早く目をつけ、世界的なトレンドを牽引してきました。

ゴーシャ タンクトップ

正直この感覚は、合わない人にはとことん合わないかと思います。

シンプルにダサいことは否定できません。

ただ、この「狙ったダサさ」というのはとても難しく、多くのブランドが手をつけられない、上手く料理できない分野でもあります。

そんな極めて難易度の高い提案の先陣を、進んで切っていくことができるゴーシャのセンスはやはり相当稀有なのでしょう。

キリル文字のロゴ

gosha-rubchinskiy-2015-fall-winter-lookbook

「ダサい」という言葉ばかりで、ネガティブなイメージを持たれてしまったかもしれませんが、単なる過去のアイテムをそのまま提案するのではなく、どこかモダンな雰囲気を感じさせてくる辺りは流石です。

自分はそのモダンなセンスの一端を担っているのが、「キリル文字のロゴ」なのではないかと思っています。

キリル文字

世界共通言語と言われる英語からは敢えて外して、ロシアのルーツを大切にするという意図もあってか採用されたキリル文字は、独特の存在感を持っています。

「読むことができない」というのは、ある種原始的な意味でも興味の対象になると思いますが、そこにキリル文字のソリッドでモードな印象も相まって、感度の高いファッションフリークにどんどん採用されていくことになりました。

ゴーシャ キリル文字 ロゴ

Supremeがそうであったように、まだ取扱店がほとんどありませんが、これからは日本でもストリートでこのキリル文字を見ることが増えてくるでしょう。

こうして紹介してきましたブランド、ゴーシャラブチンスキー。

まさに「ポジティブなダサい服」ですが、改めて見ると逆に新しいと思えるゴーシャのアイテムは、服を着るのをまた楽しくしてくれるのではないかと思います。

ゴーシャラブチンスキー 定番アイテム

定番アイテム「パッチワークコート」

公式サイトはこちら

http://gosharubchinskiy.com

スポンサーリンク