ato (アトウ)|立体裁断が生むフォルムで個性を引き出す服

アトウ ルックブック

ato (アトウ) /デザイナー 松本与

1993年、松本与氏がデザイナー、パタンナーをそれぞれ担当する友人と3人で立ち上げたブランド、ato(アトウ)。

その後方向性の違いから2人は抜け、当時会社運営の経理面を担当していた松本氏が現デザイナーとなっています。

雑誌のクレジットなどに顔を覗かせる機会も多く、シャープなデザインは今風な雰囲気がありますが、実は既に20周年を迎えており、ドメブラの中でもかなり歴史の長いブランドです。

テーラードジャケット ベージュ

93年の設立と同時に南青山に旗艦店をオープンし、94年からはコレクションを発表。

99年からはバーニーズニューヨークなどのセレクトショップで取り扱いがされ始め、海外展開も進み、2001年からはパリでもコレクションを発表します。

そして2013年からは元々あったメンズラインに加えて、レディースラインの展開も始まりました。

アトウ ルックブック

ブランドコンセプトは以下です。

アトウでは身体を個性の象徴と捉え、一つ一つのパターンにこだわりを持ち服作りに取り組んでおります。

全てのアイテムを立体裁断で作っているのも、フォルムはデザインであり、また身体という個性を意識させるシルエットを目指しているからです。
男性らしさ、女性らしさに捉われて一本のラインを引くことなく、「個々の個性を引き出す」という考えのもと物作りを行っております。

また、アトウでは服の全てにパタンナーネームをつけております。
これはデザイナーだけではなくパタンナーなどスタッフ一人一人が「良い服を作る」という目的のもと、個性を生かした服作りを行っている象徴でもあります。

引用:http://www.ato.jp/concept/index.html

メンズブランド おすすめ

このコンセプトはルックを見ていただいても納得してもらえるかと思いますが、

アトウは「着る人の個性を尊重した服作りを大事にしており、それを叶えるデザインにおいて取り分けパターンを重視している」ブランドになります。

そんな服作りに関して、自分なりのノウハウがあると仰るデザイナーですが、

「仮縫いした服を自分で着て、時にはその自分をポラロイドで撮って第三者に確認してもらい、そしてまたハサミを入れ直す」という相当に手間な作業を通してコレクションを作っているそうです。

参照:http://openers.jp/article/3823

アトウ

また選択肢が溢れる現代でブランドに求められるのは「デザイナーの個性であり、1人の男のワードローブの提案」だという根っからのクリエイター志向でありながら、「ファッションは感覚的なものだけではない」と仰る松本氏。

自分の感覚と時代の波のズレを最小化すべく、毎日机の上でイメージを描くと言います。

この地道な作業を継続してきたことが、今見ても新しいブランドの息の長さに繋がっているのかもしれません。

ちなみに余談ですがデザイナーは、パイオニアの会長・松本冠也を父親に持ち、女優・井川遥の夫でもあります。

atoの名作

テーラードジャケット

アトウ テーラードジャケット

ここからはそんなアトウの名作アイテムを紹介していきます。

まずはテーラードジャケット。

誰もに愛されるアイテムで、サリバンラッドなど多くのドメブラが強いこだわりを持って展開するアイテムですが、こちらも引けを取りません。

アトウ テーラードジャケット

かなり細めに設定されたラペル、低めに配置されたボタンが縦長の美しいVゾーンを作り出します。

またコンセプトにもありましたが、人台に布を巻きつけて思いどおりの形に裁っていく「立体裁断」のおかげで、無駄のない美しいシルエットになっています。

アトウ 2010aw

定番はもちろん単色(黒、紺、グレー)の2ボタンですが、ダブルブレストにしたものやラペルを切り取ったもの、他にもノーカラーのように仕上げられたものなど、

遊びの効いた型も展開されますので、是非そちらもチェックしてください。

比翼シャツ

アトウ 比翼シャツ

シャープなシルエットが特徴的なブランドですので、元々テーラード系のアイテムは強く、スーツスタイルの重要なワンピースであるシャツもブランド定番の名作です。

ただここのシャツは多くのブランドと異なり、比翼仕立て*のものが多くなっています。

英語ではフライ・フロントといい、比翼仕立てのこと。

表からボタン穴やボタンが見えないようにボタン留めの部分を二重合わせにしたものです。

鳥が翼を休める形に似ていることからこう呼ばれ、レインコートの前立てデザインによく用いられます。

本比翼(ほんひよく)と略比翼の2種類があります。

引用:http://www.stt-s.com/detail46.html

比翼シャツ

こちらのルックは少し例外ですが、前立てにボタンが見えないことによって、より一層ドレス感の強いアイテムになっています。

細身のシルエットと小ぶりの襟も特徴的で、ジャケットと合わせた時にタイなしでも決まりますし、単体で着てもカッコイイです。

ただしあまりにカジュアルすぎるボトムスとは相性が良くないかと。

襟 エッジ

襟先にシルバーチップがあしらわれ、無機質なワンポイントでエッジを効かせたモデルもあります。

カジュアルなものではなく、ドレス感強めの一着を探しているという方にはかなりハマるアイテムだと思います。

ハイカットスニーカー

アトウ ベルクロハイカットスニーカー

最後はこちら、ハイカットスニーカーです。

ボトムスを含めたアイテム全体が細身で、モード目な提案が多いブランドではよく合わせて展開されるアイテムですが、

こちらもバッチリ用意があります。

特に上のベルクロのモデルが人気で、スキニーなボトムスとメリハリが付くボリューム感、そして近未来的な表情が面白い一足です。

レザーハイカットスニーカー

一応ベルクロでない、ベーシックなレザーハイカットスニーカーもあります。

ブランドとしてはスタイリングをハズすための提案なのかと思いますが、このアイテムに関しては普通にストリート畑の人が履いても様になる気がします。

価格は3~4万円前後。

2012aw

こうして紹介してきましたブランド、ato。

おそらく、これからもシャープでモードな提案を続けてくれることと思います。

また是非調べてみてください。

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/67

スポンサーリンク