Sasquatchfabrix. |東京のストリートを反映する前衛的な服

Sasquatchfabrix. ルックブック

Sasquatchfabrix. (サスクワッチファブリックス) /デザイナー 横山大介、荒木克記

2003年、長岡造形大学出身の横山大介氏、荒木克記氏によって設立したブランド、Sasquatchfabrix. (サスクワッチファブリックス)。

同じ大学を出ていながらも、横山氏は建築、荒木氏は染色、というように専攻は全く異なるものでした。

wwgb

(左:荒木克記氏、右:横山大介氏)

そんな畑違いの二人が、一度就職した後再開して生まれたのがデザインユニット「Wonder Worker Guerrilla Band」であり、サスクワッチファブリックスだったという訳です。

サスクワッチファブリックス ルックブック

ブランドコンセプトは「HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF FRESHNESS.」。

高い次元で既存の芸術を破壊し、常に新鮮で前衛的なセンスを提供することをブランドの軸としています。

またその哲学的な部分に関してはサイトで以下のように記されています。

Brand Philosophy :
ファッションとは時代の民度を強く反映させたものであり、そうあるべきものだと考えます。常に前衛的でなければならないものであります。私たちなりの「ファッション」を表現するために、その時代に対して、強度のあるテーマを設定し、クラシカルの肯定と否定を繰り返しながら前衛的で「遊び心」のある洋服づくりをしています。
また世界が同時に情報を共有する時代となり、文化の均質化が進み、地域性のある衣服が失われつつあります。新しい時代のリアリティを追究し、固有の地域に住む者、この時代に生きた者にしか作れない民族性のある物作りも私たちにとって重要なテーマのひとつになっています。

引用:http://sasquatchfabrix.com/?page_id=5

12SS SFX 展示会用 WEB IMAGE BOOK

最初は5型程度のTシャツと写真集からスタートしたブランドですが、

そこから徐々にパンツやシャツなどにもデザインの幅を広げ、今では後にも紹介するようなアヴァンギャルドなアイテムを多数展開しています。

しかしいずれの時も、既存のボディを利用するようなことはせず、常にオリジナルを心がけたと言います。

サスクワッチファブリックス メンズファッションブランド

そうして生まれる模倣ではない独特のデザインは、圧倒的に前衛的でありながらも、トータルとして度が過ぎないよう素材が親しみの持てるものに変えられていたり、

リアルクローズとしての側面はきっちり押さえられたものになっています。

この辺りにも、どこか東京のストリートらしさが反映されているように思えます。

サスクワッチファブリックスの定番アイテム

Sasquatchfabrix HAKAMA PANTS

ここからはそんなブランド、サスクワッチファブリックスの定番アイテムを紹介していきます。

日本らしさを汲んだ、非常にアヴァンギャルドでオリジナルなアイテムがたくさんありますので、特徴的な定番アイテムもかなり多めとなっています。

HAKAMA PANTS

HAKAMA PANTS

サスクワッチはかなり日本らしい「和」のデザインを取り入れることに定評のあるブランドですが、

こちらは袴を意識してデザインされた、ブランドお馴染みとなるワイドパンツです。

「HAKAMA PANTS」という名前ですが、単に袴という訳ではなく「袴から着想を得て、それを洋服に還元した」という方が正確でしょう。

ワイドパンツらしい綺麗な落ち感とドレープが美しい一本となっています。

LAYERD TURTLENECK

レザータートルネック

このLAYERD TURTLENECKも定番です。

首のタートルネックのディテールをレイヤードさせたアイテムが定番で展開されます。

上のアイテムはレザータートルネックというとびきり変わった一作ですが、他にもスウェットとのレイヤードやカットソーとのレイヤードなど、様々な種類があります。

WA-NECK SHIRTS

WA-NECK SHIRTS

これはサスクワッチの三大シャツの一つ、WA-NECK SHIRTSです。

まさに和服を着た時のような、喉の詰まらない襟元が特徴的な一着となっていて、

シーズンにもよりますが、和のテイストにスナップボタンを合わせるなど、ブランドらしさの詰まった一着です。

CHINA SHIRTS

CHINA SHIRTS

こちらはCHINA SHIRTS(チャイナシャツ)。

もはや何を狙うでもなく、名前の通り「和」よりむしろチャイナなシャツです。

他のブランドでは「カンフージャケット」などの名前で展開されていることもありますが、前立てのトグルが特徴的です。

オリエンタルな雰囲気作りに理想的な一着かと。

SCAFE SHIRTS

SCAFE SHIRTS

そしてこちらがおそらく最も有名なサスクワッチの代表的なシャツ、SCAFE SHIRTSです。

これは襟元がスカーフになっていて、一枚で首元のお洒落が楽しめる一着です。

ちなみにデザイナーの巻物好きが高じて生まれたアイテムだそうです。

BUCKET HAT

バケットハット

これは小物になってしまいますが、このバケットハットも定番です。

SとFのアルファベットに、十字を描く針、そして何より縫いこまれていない垂らされた糸がお洒落な一着です。

バケットハットと言うとやはりStussyが有名ですが、知る人ぞ知るアイテムとしてはこちらの方が好みという方も多いのではないでしょうか。

「EOTOTO(エオトト)」

EOTOTO エオトト ルックブック

またサスクワッチには「EOTOTO(エオトト)」というラインがあります。

ブランド名は、ネイティブアメリカンのホビ族が信仰する精霊である「カチナ」の頂点に立つ「エオトト」に由来します。

こちらはブランド名の由来通り、ネイティブアイテムを中心に展開されます。

せっかくなので、こちらも二つほど有名なアイテムを紹介しておきます。

FANCY SKULL PANTS

FANCY SKULL CROPPED PANTS

これはサスクワッチからエオトトに移籍した大定番のアイテム。

バックに付いたネイティブらしいスカルの刺繍がトレードマークで、マイナーチェンジを重ねながら毎年展開されています。

NATIVE BORDER MOHAIR KNIT CARDIGAN

NATIVE BORDER MOHAIR KNIT CARDIGAN

ネイティブ感の強いボーダーを切り替えとしてデザインに加えたカーディガンも定番です。

エスニックな着こなしを好む人にはかなりハマるアイテムではないかと思います。

またこちらのラインも是非調べてみてください。

サスクワッチ

こうして紹介してきたブランド、サスクワッチファブリックス。

是非実物を手に取ってみてください。

詳しいコレクションこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/1313

スポンサーリンク