LITHIUM HOMME |ミニマムでエレガントなモードスタイル

LITHIUM HOMME リチウムオム ルック

LITHIUM HOMME (リチウムオム) /デザイナー 平松剛

2005年、デザイナーの平松剛氏によって設立したブランド、LITHIUM HOMME (リチウムオム)。

2006AWから東京コレクションに参加し、同年からレディースライン「LITHIUM FEMME(リチウムファム)」も展開しています。

そういったこともあり、「リチウム」という名の下でユニセックスブランドとなっています。

lithiumhomme 2012aw ルックブック

ブランドコンセプトは「着用する人のパーソナリティーの尊重」。

そのコンセプトに沿う形で、厳選された良質な素材を用いた美しいシルエットへのこだわりを追及し、過剰な装飾を削ぎ落としたミニマムなデザインを実現しています。

リチウムオム 2012aw

また「クラシックと現代的エッセンスの融合」も一つのコンセプトであり、ミニマムでクリーンな世界観が服に反映されています。

ロックバンドとのコラボレーション

リチウムオム 川上洋平

(画像は[Alexandros] 川上 洋平 (Vo & Gt))

そんなリチウムオムですが、タイトでシャープなシルエットはとてもモッズで音楽シーンにもマッチし、

デザイナーの平松氏はこれまで幾つかのバンドの衣装スタイリングも担当し、2014年には「LITHIUM ROCK FESTIVAL」というフェスの開催も実現させました。

LITHIUM ROCK FESTIVAL

その縁もあってリチウムオムは、ロックバンドとのコラボでも有名なブランドとなっています。

[Alexandros](アレキサンドロス)

リチウムオム Champagne Alexandros

まずはやはりこちら[Alexandros](アレキサンドロス)とのコラボです。

2013年秋冬コレクションテーマ曲を、同バンドが制作しました。

まだシャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会から指摘を受けてバンド名が変わる前、[Champagne(シャンペイン)]という名前で活動していた頃の話です。

ではその曲をどうぞ。

この「Oblivion」は8thシングル「Run Away/Oblivion」に収録される一曲で、

両A面シングルの同作には、Nikeのリストバンド型活動量計「Nike+ FuelBand SE」とコラボレーションで話題を集めた「Run Away」も収録されています。

川上 洋平 (Vo & Gt)さんの買ったシングルライダースがたまたまリチウムのもので(ユアソーのMVで着用)、その縁でデザイナーと洋平さんが繋がったとか。

[Alexandros](アレキサンドロス) リチウムオム

プライベートでも着る機会が非常に多いそうで、メンバー全員がモデルとして着用している一枚もやはり様になります。

back number (バックナンバー)

back number リチウムオム

もう一つは同じく大人気バンド、back numberとのコラボです。

こちらはメンバーの方々がモデルとなり、楽曲を提供したアレキサンドロスとはまた少し異なり、

back numberの名を全国に知らしめた名曲「花束」を題材として短編映画が制作されるという形でコラボが実現しました。

こちらが2015年秋冬、back numberと「LITHIUM HOMME」のレディースライン「LITHIUM FEMME」(リチウムファム)が10周年を記念してコラボ­レーションして生まれた短編映画「花束 feat. LITHIUM FEMME」です。

脚本とプロデュースはデザイナーの平松氏が務め、30分という短い時間ですが、かなり密な内容になっています。

リチウムファム 宮田聡子

ヒロイン役は、ファッション誌「with」「GINGER」「Oggi」などでモデルとして活躍中の宮田聡子さん。

彼女はレディースラインのリチウムファムの方でコラボライン「LITHIUM FEMME by SATOKO MIYATA」のデザイナーも務めていらっしゃいます。

定番アイテム

ライダースジャケット

リチウム ライダース

画像はダブルライダースですが、先ほどドロスの川上洋平さんが着用されていたようなシングルライダースも含めてブランドを代表する定番アイテムです。

身体のラインにフィットするシルエットは無駄がなく、一方で革の厚みにこだわりを持って展開される同アイテムは経年変化もしっかり楽しめる一着です。

モッズコート

リチウム モッズコート

やはりモッズなブランドということでそのままですが、こちらのモッズコートも定番のアイテムです。

個人的にはラッドのモッズがオススメをとてもオススメしていますが、これもシンサレートやリアルウールボアのライニングなどを配しており、真冬でも着用できる心強い一着です。

トレンチコートやテーラードジャケットなど他にも色々とアイテムはありますので是非チェックしてみてください。

LITHIUM HOMME SURPLUS

LITHIUM HOMME SURPLUS
また SURPLUS(サープラス)という名前を見たことがある方もいらっしゃるかと思いますが、こちらは過去に展開していたアイテムを、新しい価格で販売するラインです。

FLAGSHOP、公式HPでも扱っておらず、LITHIUM ZOZO TOWN限定で、ご購入可能なアイテムとなります。

どうしても価格的に手が出しやすいので、まずこちらを見てみるのも悪くないかと思います。

リチウムオム ルックブック

また是非調べてみてください。

公式サイトはこちら

http://www.lithium-homme.com

スポンサーリンク