John Galliano|独創的でアヴァンギャルドなセンス

ジョンガリアーノ John Galliano

John Galliano (ジョンガリアーノ)

1985年、デザイナーが自身の名前を冠してロンドンコレクションでデビューしたブランド、John Galliano (ジョンガリアーノ)。

創業者のジョン ガリアーノは1960年、イギリスの植民地であるジブラルタルに生まれ、6歳から配管工である父親の働くロンドンに移住しました。

(以下、しばらくデザイナーの歴史になりますので、必要なければ読み飛ばしください。)

波乱万丈の天才デザイナー

john-galliano

彼はグラマースクール(文法学校)を卒業後、名門セントマーチンズのテキスタイル科に入学。

途中でテキスタイル科からモード科に移籍し、84年に同校のモード科を首席で卒業します。

さらに卒業制作のコレクション「アフガニスタンとヨーロッパの理想」がロンドンのサウス・モルトン・ストリートのブティック「ブラウンズ」のショーウィンドウを飾り、好評価を受けます。

それがきっかけとなり、同ブティックと5年契約を結ぶことになったガリアーノは、大学卒業後すぐに自分のブランドを持つことに成功しました。

デビュー当初から、逆さまにして裏返して着るジャケットなど、アヴァンギャルドなデザインで話題を集め、ロンドンにおけるデビューコレクションでもバイアスカットのドレスやオーダーメイドのスーツで高い評価を得ました。

ガリアーノ

しかし革新的すぎたガリアーノのデザインは当時のミニマムファッションの流れからは異質で、高く評価される独創的なセンスとは裏腹に、「売れない服」として認識されるようになります。

結果的に投資者たちとの間でトラブルとなり、資金難に陥ったガリアーノは、生地が買えないなどの制約がある中で活動を続けます。

vogue-dec ジョンガリアーノ ジバンシィ

そんな状況で96年、元々高い創造力を評価されていたガリアーノは、ジバンシィのデザイナーに大抜擢され大きな話題を集め、

97年からはディオールのデザイナーとして活躍します。

ジョンガリアーノ クリスチャンディオール

こうして厳しい状況からメゾンブランドのデザイナーを経て、一躍ファッション界の時の人となったガリアーノですが、

2011年、バーで酔った際にユダヤ人を差別する発言をしたことで逮捕され、「クリスチャンディオール」及び「ジョンガリアーノ」のデザイナーを解雇されます。

以降、完全に業界から追放されていましたが、2014年からメゾンマルタンマルジェラのクリエイティブディレクターに就任し、見事復活を遂げました。

著名なデザイナーほど、コレクションへのプレッシャーからアルコール中毒など危険な精神状況にあったりしますが、このガリアーノもまさにその一人で、波乱万丈な人生を送ってきたデザイナーになります。

参照 fashion-press

ジョンガリアーノの独創的なデザイン

ジョンガリアーノ ルック

ガリアーノの解雇以降は、これまでブランドを支えてきたビル・ゲイテンがクリエイティブディレクターに就任していますが、

ここではジョンガリアーノが自らデザインをしていた時も含めたブランド全体のイメージを紹介していきます。

ジョンガリアーノは服飾史や異国趣味をアバンギャルドに読み替える華麗な世紀末的作風が特徴的です。

ジョンガリアーノ ルック

こちらは過去のルックですが、ガリアーノ本人がデザインしていた頃は、ミスマッチ、前衛的、歴史主義といったキーワードを感じさせる独創的なセンスが特徴的でした。

退廃的・挑戦的といった言葉もブランドを言い当てた表現です。

ジョンガリアーノ ルックブック

ビルゲイテンがデザイナーに就任して以降は、勿論歴史からインスピレーションを受けたデザインも健在なのですが、

どちらかというと元々ブランドの魅力の一つであったカッティングセンスを巧みに生かした流れるような美しいラインが特徴的です。

ジョンガリアーノ スーツ セットアップ

上のルックを見ていただいても分かるかと思いますが、裾のカッティングを利用して見事な同色レイヤードを成立させています。(一枚目も同様)

ひょっとするとガリアーノは少し派手なブランドというイメージが強い方も多いかと思います。

それは間違いではなく、今もしっかりセンセーショナルなアイテムが発信されているのですが、実はこういうシンプルな手法で独特な変化をつけるのも上手です。

John-Galliano-SS16

新聞柄(ニュースペーパー柄)のようなブランドを代表する分かりやすいアイテムもあるのですが、

個人的にはそう言った派手な物よりも今のミニマムなデザインの方が好みだったりします。

ジョンガリアーノ 遊び

デザインの幅は広く、誰の目にも明らかなコレクションブランドらしいものもあれば、これぐらい気づくか気づかないか絶妙な可愛いセンスが光るものもあります。

落ち着いて見えるルックでも意外と採用する色は鮮やかでコントラストが強かったり、近未来的な雰囲気を持ち合わせていたりします。

John-Galliano-SS16

そんなところで、波乱万丈の天才が生んだブランドの紹介をしてきましたが、

非常にデザインの幅が広いため、是非またルックなど見て調べてみてください。

ジョンガリアーノ ルックブック

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/150

スポンサーリンク