KENZO (ケンゾー)|象徴的アイコンで魅せるストリートの記号

kenzo ケンゾー ルック

KENZO (ケンゾー)/デザイナー 高田賢三

1969年、 デザイナーの高田賢三氏がパリにオープンしたブティック、「ジャングル・ジャップ」を起源とするブランド、KENZO (ケンゾー)。

ブランド名は設立者であるデザイナーの名前を冠して付けられています。

こちらのブランドは紹介している物の中でも屈指の老舗なので、少し歴史的説明が長くなります。

必要なければしばらく読み飛ばしください。

デザイナー 高田賢三

高田賢三 デザイナー

高田賢三氏の実家は「浪花楼」という日本旅館で、和服の女性に囲まれて育ちます。

また姉も洋裁の勉強をしており、幼い頃から服飾に興味を持つ環境にありました。

ただ当時日本には男子を受け入れる服飾学校がなく、神戸外国語大学に進学。

その在学中に文化服装学院が男子生徒の募集を開始するニュースを聞き、大学を中退。文化服装学院に入学し直しました。

装苑

そして60年、文化服装学院在学中に今でもデザイナーたちの登竜門と言える「装苑賞」を受賞し、61年に同校を卒業。

卒業後はデザインの職につき、65年、単身でパリに渡ります。

現地でデザイン画を売っている時に既製服メーカーに雇われ、正式にパリ暮らしがスタートします。

KENZOの始まりと変革

ケンゾー elle

1969年よりブティック「ジャングル・ジャップ」をオープンした賢三氏は、そこでささやかにコレクションを制作していましたが、

当時お金がなかったこともあり、日本から和風の生地を取り寄せ、パリのイメージとは異なる安価でカジュアルなコレクションとなりました。

しかし逆にその提案がパリモード界に大きな衝撃を与えました。

ケンゾー 着物

これ以降、独特の色彩感覚で柄物をミックスし、あらゆる文化、民族、宗教を混ぜ合わせた「多国籍」かつ「異国調」のデザインで世界中の注目を集め、

イブサンローランなどと共に、70年代のファッション界を牽引していく存在となります。

ケンゾー 花柄

鮮やかな和洋折衷のデザインと多用される花柄は、その頃から続く、ブランドを象徴する柄となっています。

メンズラインが生まれたのは1983年ですが、その80年代の後半から経営難に陥り、1993年にはLVMH傘下のブランドとなります。

ウンベルト・レオン キャロル・リム

そうして設立者の高田賢三氏は2000年に引退。

現在(2011~)はウンベルト・レオンとキャロル・リムがクリエイティブディレクターを務めます。

お二人は高感度セレクトショップとして名高い「オープニングセレモニー」の創設者であり、これ以降、新生KENZOとして、またトレンドセッターに返り咲くことになります。

参照:Fashion Press、Wikipedia

ストリートの記号的存在

KENZO ストリート ルック

彼らが就任してからのKENZOは、まさにストリートにおける記号的存在となっています。

元々派手で斬新なデザインセンスを持ち味としていたブランドではありますが、彼らはその特徴をストリートシーンで映えるように見事記号化しました。

中でもとりわけ有名なアイテムを紹介します。

タイガースウェット

ケンゾー ブランド ルック

おそらく同ブランドにおいて最も有名なアイテムと思われるのが、虎のアイコンを配したこのタイガースウェットです。

大阪のおばちゃんが着ていてもおかしくない程目に飛び込んでくる派手なアイコンにブランドのロゴが乗せられたアイテムです。

vogue and elle netherlands green sweatshirt ケンゾー tiger

お洒落と断定するには少し危うげのある大胆なデザインですが、「ダサ可愛い」こういう謙ったアイテムこそストリートシーンで採用されやすい、バズりやすい服なのでしょう。

著名な雑誌の表紙も飾り、日本でもパリでも爆発的人気を誇るアイテムとなっています。

ケンゾー タイガースウェット

スウェットで紹介しましたが、シーズンによってはニットもあり、スウェットの値段は大体4万円弱です。

トップスにしては手の出にくい価格ですが、一点物のハズしにはこの上ない実力を発揮してくれると思います。

ロゴキャップ (×New Era)

ケンゾー ニューエラ -Eye-red

もう一つはNew Era(ニューエラ)とコラボで展開されるキャップです。

花、虎や魚、目など、様々な派手な柄のボディーに、正面にはブランドのロゴが全面的に押し出されています

これまたキャッチーで分かりやすい大人気アイテムです。

ケンゾー キャップ new era

人気が高すぎてストリートシーンでの採用率が高すぎるのも、ブランドにとって嬉しい悩みかと思います。

こういった記号的存在となっているアイテムを身に付けることに抵抗がある、という方もいらっしゃるかと思いますが、

Supremeなどとはまた異なるセンスで強い存在感を持ったヘッドギアなので、選択肢の一つに入れてもらえれば良いかと思います。

ケンゾー スウェット 目 柄

こうして紹介してきたブランド、KENZO(ケンゾー)。

その大胆でキャッチーなビジュアルと圧倒的な存在感から、ストリートの記号として様々に採用されています。

このどこかアーティスティックなストリート感は綺麗な着こなしのハズしにもバッチリハマってくれます。

ケンゾー スウェット

是非また探してみてください。

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/18

スポンサーリンク