PHENOMENON (フェノメノン)|エッジの効いた唯一無二の世界観

PHENOMENON フェノメノン 2015-16-FW-LOOKBOOK

PHENOMENON (フェノメノン) /デザイナー オオスミタケシ

2004年、スワッガーのデザイナーとして既にストリートシーンで有名だったオオスミタケシ氏が立ち上げたブランド、PHENOMENON (フェノメノン)。

ブランド名の由来は、ラッパー「The Notorious B.I.G.」の「Rap Phenomenon」という曲名から来ています。

Phenomenon_14aw

由来からもイメージがつくかと思いますが、ブランドコンセプトは「音楽」。

ダンスミュージックを軸にパンクやロック、様々な音楽を洋服に落とし込みます。

phenomeno15aw

前述のようにオオスミ氏はスワッガーのデザイナーでもありましたが、こちらのフェノメノンは、「もっと自分が好きなパーソナルな表現をしたい」と言う想いから生まれたそうです。

エッジの効いたミックスデザイン

phenomenon フェノメノン ルック 15aw

2010年のファーストショーでセンセーショナルなデビューを果たしたフェノメノンですが、

ブランドの代名詞とも言えるのがこのエッジの効いたミックスデザインです。

PHENOMENON 201415aw

カモ柄のパーカーにダッフルコートの前立て、コートの背面にスポーティーなナンバリング。

ベースとなるアイテムには存在しないはずのテイストのディテールがMIXされたデザインが特徴的です。

フェノメノン 2014aw ルック

まさに現代の東京におけるストリートシーンを象徴するかのようなポップさがありながら、海外のメゾンのようなモードさも持ち合わせます。

phenomenon

そういった所で日本のみならずニューヨークのストリートシーンでも採用されることが増えてきており、国内外を問わず人気の高いブランドとなっています。

フェノメノンとミスター・ジェントルマン

mrgentlman_16ss

(MR.GENTLEMAN 2016ss)

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、オオスミ氏は2012年から吉井雄一氏とミスタージェントルマンと言うブランドを立ち上げています。

PHENOMENON-2015-16-FW-LOOKBOOK

どちらもオオスミ氏が手がけるブランドに相違ありませんが、その二つの間には明確な違いがあるようです。

それに関して「音楽」という考え方を用いて「フェノメノンはヘッドフォンを使って一人で聴きたい曲、ミスタージェントルマンはみんなで聞く曲である」と表現されています。

フェノメノン 201415aw ルック

好き嫌いが分かれるエッジの効いた一曲か、誰もが親しめるフレッシュな一曲か、ピンと来た方を是非お試しください。

オオスミタケシの脱退

phenomenon_16ss

そんなフェノメノンですが、実はオオスミタケシ氏の脱退が決まっており、2016ssシーズンのコレクションが彼の手がけるラストコレクションとなります。

PHENOMENON_2016ss

秋冬以降の継続は未定ということで、オオスミ氏のデザインが楽しめるのはミスタージェントルマンだけになるかもしれません。

とはいえある種「優等生」と言えるミスタージェントルマンだけで彼の表現が満たされるのかは分かりません。

フェノメノン ルック

ひょっとするとまた新しいブランドが生まれるかもしれませんね。

エッジの効いたクリエイティビティがどこへ向かうのか、これからの動向に注目です。

PHENOMENON 15aw

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/838

スポンサーリンク