PHINGERIN (フィンガリン)|パジャマから始まったブランド

PHINGERIN (フィンガリン) ルック

PHINGERIN (フィンガリン) /デザイナー 小林資幸

2008年、小林資幸さんによってスタートしたブランド、PHINGERIN (フィンガリン)。

着心地の良さそうな柔らかいアイテムが目を引く独特のスタイルで注目を集めているドメブラです。

フィンガリン ルック

ブランドコンセプトは“RELAX, LIGHT and MODERN”。

コンセプトどおり展開されるアイテムは非常にリラクシングで軽快な作りながら、そのまま街に飛び出していきたくなりそうなモダンさがあります。

パジャマからスタートしたブランド

フィンガリン パジャマシャツ

柔らかくてリラクシングなアイテムと言いますが、それもそのはず。

このフィンガリンは元々パジャマ作りからスタートしたブランドになっています。

デザイナーの「夢のある仕事がしたい」という思考の末、「それはパジャマではないだろうか?」となったと言います。

スリーピースパジャマ

小林さんは元々テーラリングやオーダーメイドに興味があったそうですが、

それよりもむしろ、サイズ感などを気にせず作れて誰もがしっくりハマるパジャマに可能性を見出した。というのがその経緯だそうです。

フィンガリン ルック

思い立ったが吉日。

パジャマに特化して700着ほどを作り上げた後、それを売り歩いて食いつなぐという生活を約1年続け、それが今のフィンガリンのルーツとなっています。

素材はイタリアの高級シャツ生地を用いたり、縫い目が体に触れない工夫があったり、御自身が眠れなくなるほどの拘りがフィンガリンのパジャマには詰まっています。

フィンガリン パジャマ ミックスコーデ

もちろん上質な寝間着として使ってもらっても結構なのですが、ここのアイテムはそのまま外に出ていけるほど高いファッション性があります。

スポーツミックスは一般的なものになってきていますが、こんなリラックスカジュアルは逆に今狙い目かもしれません。

フィンガリンの名アイテムと小物

スープシャツ

フィンガリン スープシャツ

そんなフィンガリンですが、パジャマを軸に幾つか特徴的な名アイテムがございます。

まずはこのスープシャツ。

このシャツにはシャツと共生地のハンカチが付属しており、隠しボタンダウンに装着できるようになっています。

スープシャツ ルック

「スープを飲むときにシャツが汚れないように」という工夫から生まれたディテールですが、スープの有無に関らず良いアクセントになってお洒落です。

ボンテージパンツ

フィンガリン ボンテージパンツ

先ほどのルックでも着用していましたが、ボンテージパンツです。

素材感はフィンガリンらしい柔らかさがありながら、パンクでハードコアなイメージの強いディテールが詰め込まれ、絶妙なバランス感でまとまっています。

ベレー帽 ヴィンテージ眼鏡

ベレー帽やヴィンテージ眼鏡のような小物類も充実しております。

少し変わったテイストで独特のモダンさを持ち合わせたブランド、フィンガリン(PHINGERIN)。

また是非チェックしてみてください。

フィンガリン メンズファッションブランド

詳しいコレクションはこちら

http://phingerin.com/collection

スポンサーリンク