BALENCIAGA (バレンシアガ)|スペイン発の変化する老舗

Balenciaga バレンシアガ ルック

BALENCIAGA (バレンシアガ)

スペイン生まれのクリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balanciaga)を創業者とし、1918年、彼が自身の名を冠して生まれたブランド、BALENCIAGA (バレンシアガ)。

海外セレブでも愛用者の多いブランドです。

バレンシアガ ルック

元々デザイナーの出生地ということもあって、スペインのマドリードやバルセロナで高い評価を受け、王室も使うほどの名声を得ていましたが、

スペインの内乱を機にパリに移動、それ以降はフランスのラグジュアリーブランドとして活躍しています。

Balenciaga

創業者は1968年に死去しており、1997年からニコラ・ゲスキエールがクリエイティブディレクターに就任。

2013年以降のデザイナーをアレキサンダー・ワンが勤め、現在(2016年)はデムナ・ヴァザリアが勤めています。

バレンシアガのデザイン

BALENCIAGA-2015-16-FW-PARIS-MENS-COLLECTION-21

元々はシンプルで完璧なシルエットを以って、ディオールと共にファッションシーンを賑わせていた歴史あるブランドで、ニコラのデザインも伝統的なスタイルを継承したものでした。

デザインーが変わるごとにブランドの印象が変化していくのは当たり前のことですが、

2012年から2016ssまでバレンシアガにとって初となるNYデザイナー、アレキサンダー・ワンを起用したことで、また新たなセンスとエッセンスが吹き込まれました。

Balenciaga 2016ss

彼と言えば、かなりの要素が混ざり合ったデザインが特徴的です。

基本的にはベーシックなようでありながら、アイテムの方向性やカッティングは複雑で、その仕組みや技には多国籍なセンスが光ります。

BALENCIAGA-2015-16-FW-PARIS-MENS-COLLECTION-19

流れるような無駄のないカッティングや同系色でまとめたモードなルックは、かなり近未来的と言いますかフューチャリスティックなものがあります。

この独特なセンスを受け入れた老舗のバレンシアガですが、

これからはヴェトモンのデザイナーでもあるデムナ・ジバサリアを迎えるということでこれまた非常に注目が集まります。

ヴェトモン ルック

ヴェトモン 2015aw

リアルさを持ち合わせたアンダーグランドな雰囲気で爆発的人気を生み、90年代のマルジェラの再来とも言われるデムナ。

これから彼のデザインがどのようにバレンシアガを彩っていくのか楽しみです。

バレンシアガのバッグ

バレンシアガ トート バレンシアガ バッグ

そんなバレンシアガですが、ビッグメゾンだけあって小物も人気で、

特にトートバッグとハンドバッグは非常に人気の高いアイテムです。

どちらかと言いますとレディースのほうがユーザーは多いかもしれませんが、逆に言えばメンズの方はあまり被ることもなくスタイリッシュに決められるかと思います。

Balenciaga_16SS

中々手の出る物ではありませんが、憧れとしてでも知っておくといいブランドだと思います。

ここでは取り立てて紹介しませんでしたが、香水などなら軽めの気持ちでエントリーできるかもしれません。

また是非調べてみてください。

Balenciaga Men's

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/35

スポンサーリンク