WACKO MARIA(ワコマリア)|スーツとハットで洒落たルードスタイル

wackomaria shirt

WACKO MARIA(ワコマリア) /デザイナー 森 敦彦、石塚 啓次

2005年に設立したブランド、WACKO MARIA(ワコマリア)。

ブランド名はラテン語で「へんてこマリア」という意味を持ちます。

実は元サッカー選手の森氏と石塚氏によって生まれたブランドでもあります。

wackomaria hat

「自分が女ならこんな男に惚れる」と思える服を作られている、と言いますが、そのデザインには男臭いルードな部分と、茶目っけのある拘りが共存します。

「犯罪者(共犯者)ご一行様」の意味を持つ「GUILTY PARTIES(ギルティーパーティーズ)」をキーワードにかなりセンセーショナルな柄が使われることも多いですが、素材の質感やシルエットは抜かりなく、その辺りのギャップも映えます。

wacko-maria

ちなみにWACKOMARIAが意味するGUILTY PARTIESには、「良いことも悪いことも共にやっていく仲間達」という意味も含まれているそうです。

ちょっとした悪友のようなニュアンスはまさにルードそのものです。

そこに痺れる(憧れる)方も多いかと。

ワコマリアのスーツとハット

v11_plot2

ワコマリアの拘りが最も顕実化する名作と言えば、やはりスーツ(セットアップ)とハット(パナマハット)です。

セットアップはシーズンによって、ウールだけでなく、ウエポン素材やコーデュロイなど、様々な素材で展開されていて、シーンに合わせた利用が可能です。

細身でスタイリッシュなシルエットはスタイリストの方にも高く評価されている一着です。

そこに定番展開されているこのハットを合わせてもらうと、かなりクールに決まります。

ちょっとしたイタリアンマフィアのようなイメージでカッコよくセットアップを着こなしたい、という方には間違いないブランドです。

ワコマリア ネクタイ ワコマリア ラメソックス

少し遊びの効いたネクタイであったり、ラメソックスであったり、セットアップをハズす用意も十分です。

スーツベースのカッコいい所に、こういったワンポイント、ないしツーポイントで、お茶目に決めるのは相当イケてるかと思います。

int20131101-743

勿論インナーに人気のボウリングシャツやアロハシャツを入れてあげるのもこれまたルードでカッコいいです。

是非また調べてみてください。

公式サイトはこちら

http://www.wackomaria.co.jp/

スポンサーリンク