ETHOS(エトス)|フリンジで彩るニュースタンダード

2-thumb-autox500-609

ETHOS (エトス)/デザイナー  池田臣、柳内恵一郎

こちらのETHOS(エトス)と言うブランドは、Director 柳内恵一郎とDesigner 池田臣により2010年よりスタートしたブランドです。

ブランドコンセプトは「THE NEW CLASSICS & STANDARD」。

エトス ルック

『スタンダードとはプラスとマイナスのバランスが限りなく0(ゼロ)に近いものだとETHOSは考えます。

メンズファッションはほぼ完成していると言っていいでしょう。

時代と時間、遊びに仕事と様々な時々でスタンダードからマイナスし、よりシンプルに自身の個性を引き立たせ、時には遊びというプラスを楽しむ。
そういった男性にとってのファッションにスパイスを加え、スタンダードに色を付け、時代を楽しむ。
男性としてあるべき時代のライフスタイルとの結びつきが、新たなスタンダードの誕生だとETHOSは考えます。』

これがエトスのコンセプトです。

ethos

恥ずかしながらその真意までは正確に把握できませんが、ファッションにおける足し算と引き算をブランド単位で提案してくれる洒落たブランドです。

引き算というところで言いますと、上記のようなワントーン。

エトス ワントーン

極めてミニマムでまとまったアイテムでも、そこからまとめて色という概念が引かれ、逆にモードな属性が付与されます。

そういった形で他のブランドにない形で、ニュートラルな0(ゼロ)の状態を作ってくれるのがこのエトスの魅力かと思います。

フリンジが彩るウエストで差別化

ETHOS フリンジT

足し算で言いますと、定番展開されるフリンジT。

これがかなりイケています。

ファッションの抜き差しが好きな方ほど、インナーのレイヤードで丈感に変化をつけてあげることも多いかと思います。

そういった方の愛用がbughtのサーマルだったり、the sakakiのthe bangだったりするかと思いますが、これはそういったファッションアディクトにとって、新たなインナーの代名詞となるのではないか?と思います。

ethos20150130-20150129_009-thumb-autox213-359525

意外と盲点となりがちな腰回りですが、このアイテムは一気に彩り、フォークロアな印象であったり、少しグランジなテイストを足してくれます。

コーディネートのバランスを考えるにも少し物足りない、という方のかゆい所に手が届くアイテムです。

H-thumb-autox500-275

完全に人とは違うというファッションも肯定です。

それはそれでやはり面白さがあります。

ただ、大多数の人に対してほんの少し、埋もれないだけの小さな差を付けてあげるのもこれまた醍醐味です。

エトス 2015ss ルック

そんなファッションを楽しみたい人にはうってつけのブランドではないでしょうか?

公式サイトはこちら

http://www.ethosxx.com/

スポンサーリンク