ETHOS(エトス)|フリンジで彩るニュースタンダード

スポンサーリンク
2-thumb-autox500-609

ETHOS (エトス)/デザイナー  池田臣、柳内恵一郎

こちらのETHOS(エトス)と言うブランドは、Director 柳内恵一郎氏とDesigner 池田臣氏により2010年よりスタートしたブランドです。

「THE NEW CLASSICS & STANDARD」というブランドコンセプトを掲げ、「氣風(意氣)、品、民族精神」を大事に引き出す展開がされます。

エトス ルック

『スタンダードとはプラスとマイナスのバランスが限りなく0(ゼロ)に近いものだとETHOSは考えます。

メンズファッションはほぼ完成していると言っていいでしょう。

時代と時間、遊びに仕事と様々な時々でスタンダードからマイナスし、よりシンプルに自身の個性を引き立たせ、時には遊びというプラスを楽しむ。
そういった男性にとってのファッションにスパイスを加え、スタンダードに色を付け、時代を楽しむ。
男性としてあるべき時代のライフスタイルとの結びつきが、新たなスタンダードの誕生だとETHOSは考えます。』

これがエトスのコンセプトです。

ethos

その真意の認識に齟齬があったなら恐縮ですが、ファッションにおける足し算と引き算をブランド単位で提案してくれる洒落たブランドです。

引き算というところで言いますと、上記のようなワントーン。

エトス ワントーン

極めてミニマムでまとまったアイテムでも、そこからまとめて色という概念が引かれ、逆にモードな属性が付与されます。

そういった形で他のブランドにない形で、ニュートラルな0(ゼロ)の状態を作ってくれるのがこのエトスの魅力かと思います。

ETHOSの定番アイテム

フリンジTシャツ

ETHOS フリンジT

足し算で言いますと、定番展開されるフリンジT。

これがかなりイケています。

ファッションの抜き差しが好きな方ほど、インナーのレイヤードで丈感に変化をつけてあげることも多いかと思います。

そういった方の愛用がbukhtのサーマルだったり、the sakakiのthe bangだったりするかと思いますが、これはそういったファッションアディクトにとって、新たなインナーの代名詞となるのではないか?と思います。

ethos20150130-20150129_009-thumb-autox213-359525

意外と盲点となりがちな腰回りですが、このアイテムは嫌味なく彩り、フォークロアな印象であったり、グランジなテイストを足してくれます。

コーディネートのバランスを考えるにも少し物足りない、という方のかゆい所に手が届くアイテムです。

H-thumb-autox500-275

全身のスタイリングの中で、例えば靴の色をインナーで拾ってあげたり、そういった部分部分で統一感を出すのは、オーソドックスな小技として一般的かと思うのですが、意外とディテールでの合わせまで考えは及びません。

ただ春先や秋口であればストール、冬場はマフラーなど、巻物にはフリンジが付き物なので、そういったアイテムを頻繁に使われるという方には取り分けオススメなアイテムになります。

勿論インナーとして噛ませてあげるのがオススメですが、単体でしっかり良い具合に主張が効いているので、夏場のワンツーコーデでもハマります。

DAVO PANTS(ダボ パンツ)

davo pants

2018SS

こちらは不動の人気を誇るダボパンツ。

緩めのシルエットにテーパードのかかり、ゴム仕様のウエストに縄のようなドローコードが象徴的な一本です。

毎シーズン素材に変化を加えながらリリースされますが、快適な履き心地もあって大人気のアイテムになります。

中でも定番のコットン100%のものでは、超長綿を高密度に綾織りした上質な生地を全面に採用しているのですが、 コットン素材にも関わらず織りが超高密度なために生地表面に光沢があり、イージーパンツながらドレス顔のアイテムです。

そこから着用と洗濯を繰り返すうちに徐々に繊維が毛羽立ち、光沢と引き換えに風合いも増していくため、着込む楽しみも味わえます。

またエトスは縫製への拘りも非常に強く、東京下町にある職人気質の工場に縫製を委託しています。

この工場で仕立てられる洋服の縫製は運針数(1インチ辺りの縫い目の数)が非常に多く、肉眼で見ると美しい一本の線のような仕上がりとなります。

運針数を増やすと縫製に時間がかかる為、コストパフォーマンスという観点では劣りますが、縫製自体の強度が高く、また単なる強度の向上だけでなく、「魂は細部に宿る」を体現するように全体の雰囲気というか、着映えを上品に仕上げてくれます。

この工程が大きなシステマチックな縫製工場では再現できないらしく、着る人の気風を表現する洋服を作るために、古き良き日本の職人の気風を詰め込んだエトスらしさが感じやすい一着でもあるので、とてもオススメです。

参照:https://tmpweb.jp/blog/25097

TANRAN COACH

2018SS

実は上のルックでも着用されていたこちらも定番のアイテム、「TANRAN COACH」です。

『ちょっとの雨なら我慢』というシーズンテーマのもと、アウトドア要素のあるハイスペックなアイテムが展開された2018SSでは、化繊でありながらもコットンの様な肌触り驚くほどの速乾性で、色褪せしにくい機能素材「SUPPLEX® ナイロン」が使用されました。

TANRANという名前の通りかなり短めの着丈と、ドロップショルダーでゆったり柔らかなシルエットが特徴的です。

2018SS

こちらも素材はシーズンによって異なりますが、一般的なコーチジャケットのようなものとはイメージの異なる、マットでシャリ感のあるものであることが多いです。

これ自体の丈が短いが故に、インナーの色味や丈の違いを活かしたスタイリングができ、メリハリの効いたスタイルを好む方にはとてもオススメです。

エトス 2015ss ルック

こうして紹介してきましたブランド、ETHOS(エトス)。

完全に人とは違うというファッションも肯定です。

それはそれでやはり面白さがあります。

ただ、大多数の人に対してほんの少し、埋もれないだけの小さな差を付けてあげるのもこれまた醍醐味かと思います。

そんなファッションを楽しみたい人にはうってつけのブランドかと思います。

是非またチェックしてください。

公式サイトはこちら

http://www.ethosxx.com/

参照:https://hypebeast.com/jp

スポンサーリンク

ABOUT管理人

げんするー

鈴蘭幼稚園卒。神戸大学経済学部卒。
市民レコード職員。
所得を弁えず覚悟だけで服を買っていく人生。
売れ線の音楽とアニメを嗜むミーハー。
YouTubeを始めました。下の「Website」から飛べます。
是非チャンネル登録をしていただけますと幸いです!