visvim |世界的に評価される靴をデザイン、裏原のカリスマ

ビズビム ルック

visvim (ビズビム) /デザイナー 中村ヒロキ

2001年、クリエイティブディレクターの中村ヒロキがスタートしたシューズブランド、visvim (ビズビム)。

元々はシューズブランドとして始まりましたが、今ではウェアをはじめとしてフレグランスなども展開するトータルブランドです。

visvim 2010aw lookbook

一世を風靡した裏原系ブランドの代表格ですが、テイストはアメカジの部類に入ります。

しかし、シンプルでありながら細かいデザインや機能性で一味も二味も他のブランドとは異なります。

(シンプルと言いながらこの画像はシンプルとは程遠いですね)

止水ジップシャツ

例えばこのシャツ。ベースは非常にオーソドックスなボタンダウンシャツだと思います。しかし、みなさんの目を引くこのポケット。

ちょうど良い具合の遊び心が効いていますよね。

これはvisvimの定番シャツで、止水ジップを使った異素材の防水ポケットがアクセントになった人気の商品です。

個人的にこういう少しの違いが一番魅力的だと思うのですが、そのバランスは人次第です。

ビズビム ルック

アイテム自体はベーシックな型が多いですが、素材感やシルエットなどでちょっとした変化がつけられています。

そしてアメカジと言えば「デニム」だと思うのですが、このvisvimというブランド、相当デニムに強みがあります。

visvimのデニム

ビズビム 2016aw ルック

品番が01から05までありまして、01はLevi’sの501、02はLevi’sの502、、、と言う風に、参考にしたLevi’sのデニムの型と対応しているようです。

またその品番に続けてD1などのような表記がされているのですが、これはダメージ加工の種類を示しているそうです。

DSCF0293

(画像の品だとD5という表記がされていますね)

もう加工の種類だけでも10ほどあるらしく、シルエットが5種類あることを考えると、全て網羅せずとも相当なバリエーションがあると分かります。

ビズビム ダウンジャケット

良いものだけあって値段は中々してきますが、それだけの価値はありそうです。

そしてこれまでのルックでも何度か顔を覗かせてきましたが、

このブランドが世界に知れ渡るきっかけとなったのは、何と言ってもそのお洒落な靴たちになります。

世界的に評価されるvisvimの靴たち

Virgil

virgil

軽量で履き心地が良く、一枚皮からできていることもあって通気性に優れたブーツです。なんせシンプルなだけあって何にでもさらりとハマります。

自分はブーツを履くとすぐ足が痛くなる系の人間で、ブーツは持っていなかったのですが、これは履けました。

自分がこれまでに買った中で最も高い靴ですが、ソールも交換可能ですし一生履けます。

Serra

serra

中々これほど可愛らしいトレッキングブーツもないのではないでしょうか?

画像では伝わりにくいのですが、実物を見るとこのポッてりしたバランス感たまらないですよ、、

トレッキングブーツだけあって機能性もばっちりです。

KIEFER

ビズビム キーファー スニーカー

こちらはエリッククラプトンも愛用することでお馴染みのスニーカー、キーファーです。

一見何の変哲もないスニーカーで、まるでコンバースのオールスターのような出で立ちですが、表面化しない素晴らしさがあります。

ブーツ作りと同じように、接着剤をなるべく使わないという姿勢で作られたスニーカーなので、これまた非常に履き心地が良いです。

FBT

fbt スニーカー モカシン

こちらは一世を風靡したFBTです。

モカシンのようなヴィジュアルにビブラムのスニーカーソール、極めてテクニカルな出で立ちでいて異常な履き心地の良さ。

自分が初めて買ったvisvimの商品ですが、履き心地の良さと意外性のあるテクニカルなデザイン、かなりの褒められ靴です。

kanye-west fbt

世界を代表するファッションアイコン、カニエウエストさんも履いていますね。

他にも極めてたくさんの靴がありますが、正直どれも履き心地などの快適さは保証されています。

(強いて言えば一部のブーツに関しまして、インソールも皮である場合があり、中で滑ることもあるのですが、その時はインソールだけ買い足してあげるなどの対策で簡単に改善できます)

それでいてヴィジュアルも素晴らしいので、是非一度調べてみてはいかがでしょうか?

色々紹介してきましたが、靴以外にバッグも有名です。

visvimのバッグ

BALLISTIC 20L

ballistic22L

こちらがおそらく最も有名なバリスティックシリーズです。

引裂強度が通常のナイロンの5倍からあり、防弾チョッキなどにも使われるバリスティックナイロンをメインファブリックとして作られたミニマムなリュックです。

ballisttic ルック

底は贅沢なスエードやレザーで仕上げられています。

ノートPCなどを収納できるスリーブも装備されており、現代のライフスタイルにもぴったりハマりますし、長く使えるためオススメです。

20Lや22Lなど容量に幅があり、ブタ鼻や止水ジップのディテールがあるモデルとないモデルがあったりしますので、よく調べてお気に入りのを見つけてあげてください。

Ballistic E-Cat 18L

ballistic-ecat

そのバリスティックシリーズの内、メッセンジャーバッグの型なのがこちらのBallistic E-Catです。

素材はそのままに、一般的な多くのメッセンジャーと異なるアシンメトリーのデザインが魅力的です。

ベルトの片側を太くし、身体にフィットするような存在感がカッコイイです。

Homer Tote

homer tote

こちらのホーマーは極めてシンプルなトートバッグです。

レザーやキャンパスなど、色々な素材で展開され、無地のものから柄物まで幅広いですが、見るからに使い勝手の良い素敵なアイテムです。

トートバッグにしては少々上等すぎますが、そう言った所にお金をかける大人のバッグとしては満点かと思います。

他にも色々な種類がありますが、特にこの辺りは押さえておいてもらいたいです。

visvim ルック スマイル ホーマートート

このような感じで、デニム、靴、カバンなど魅力あるアイテムが目白押しのブランドです。

もちろんアパレルも一捻り利いたイケているアメカジテイストで、中々に類を見ないオリジナリティ溢れる物になっています。

セレクトショップでの取り扱いもありますが、F.I.Lと言う直営店がありますので、良ければそちらに足を運んでもらうと良いかと思います。

ビズビム ルック

是非一度実物を見に行ってください。

公式サイトはこちら

http://www.visvim.tv/jp/

スポンサーリンク