GANRYU |サルエルパンツとストリートミックス

 

GANRYU ルック

GANRYU (ガンリュウ) /デザイナー 丸龍文人

日本で最も評価、認識されているブランド、COMME des GARÇONS(コムデギャルソン)

今ではデザイナーの登竜門的な存在で、東京で活躍しているブランドのデザイナーにもギャルソン出身の方がたくさんいます。

そんなギャルソンですが、社長の川久保玲以外に、主要なデザイナーをしている人が三人います。

渡辺淳弥、栗原たお、丸龍文人です

そしてその一人、丸龍文人氏が2008年にスタートしたブランドがこちらのGANRYUになります。

ganryu1

ギャルソンの服というといかにも服好きな人が着そうな奇抜な物が多いという印象があるかもしれません。

しかしGANRYUは、(奇抜でないと言うと嘘になりますが)完全に他のギャルソンとは似て非なる物です。

丸龍さんはバックグラウンドにストリートなテイストを感じさせる服作りが特徴的で、この「GANRYU」はギャルソンから派生して生まれたブランドでありながら、ギャルソンに新たな風を吹き込むブランドとして機能しています。

GANRYU 2015aw

ブランドコンセプトは、「ポップと前衛とベーシック」。

様々なカルチャーがミックスされて一つの新しい形を為します。

シルエットで遊ぶという表現もGANRYUにぴったりだと思いますが、何より他のブランドにはない奇想天外なアイテムの提案に舌を巻きます。

テーラードジャケットとコーチジャケットが融合したものや、チェスターコートの要素も併せ持ったモッズコートなど。

13092301

聞く限りではバラバラになってしまいそうなミックスでも、いざアイテムを見てみると意外に成立しているのがこのブランドの凄みかと思います。

ちなみにデザイナーの丸龍氏は「足し引きして0(ゼロ)になる」感覚を大事にしてデザインをされているそうです。

名作、サルエルパンツ

サルエル

GANRYUといえばやはりこちらのサルエルパンツが有名です。

最近サルエルパンツはかなり人気のアイテムで、たくさんのブランドから展開されており、jiedaなども有名ですが、これはまた違います。

毎シーズン絶妙にディテールが違うのですが、写真のシーズンの物で言うと、ベルトループが複数あってどこで締めるかでシルエットを調整できるという技ありの一本でした。

ganryu_2013ss_11

自分もベルトループが三本のサルエルデニム持っていますが、本当に使えます。

どうしても股上の深さは抵抗を持たれる方も多いので、その日会う人に合わせて調節してあげるとか、一本で幅広いスタイルに対応できるのが良いですね。

個人的にはロングシャツとかビッグニットとか合わせるのも好みです。

GANRYU サルエル

こちらは春夏のシーズンで人気なスウェットサルエルパンツです。

リラックスした生地でサルエルのシルエットを作るのは多少心配にさえなる緩さですが、カッティングで絶妙な仕掛けが施されているため、圧倒的存在感を持ちます。

生産数は多くなく、毎年即完売ですが、薄着になる夏場のお供に一着どうぞ。

GANRYU

ギャルソンというブランドに、独自のバランス感覚とストリートテイストで革新をもたらすGANRYU、かなり中毒性があります。

是非また探してみてください。

詳しいコレクションはこちら

スポンサーリンク