kolor(カラー)|素材の魔術師、阿部潤一がデザインするブランド

kolor_mens_2012ss

kolor (カラー) /デザイナー 阿部潤一

コムデギャルソン出身のデザイナー、阿部潤一氏が2004年に設立したブランド、kolor (カラー)。

現在では日本を代表するブランドの一つとなっています。

KOLOR ルック

「素材、パターン、価格、時代性など色々な角度から見て一番良いバランスだと思えるもの、そして一つのアイテムで完成するもの。リラックスしたムードをもっていること、でも安っぽくないということ。」

をブランドコンセプトに掲げ、完全に他とは違う服作りがされます。

KOLOR ルック

後にも紹介しますが、ダンボールニットやナイロン混のウールなど、

きっと見たことも聞いたこともない素材使いに興味深々となること待ったなしです。

デザイナーの阿部氏は、その斬新さな素材使いから「素材の魔術師」の異名を取るほどです。

fc_kolor_13aw_main

おそらく服に一切興味がない人でも、何か「違う」ということはひしひしと伝わってくるはずです。

逆に言えば、これまで一通り服を見てきたという人には相当突き刺さるセンスなのではないか?と思います。

実際、あの祐真朋樹氏を筆頭とする多くのスタイリストから支持されています。

kolor_mens_2012ss_08

「一般的な服はどういう物で、世に溢れている物はどんな物だ」という事実を知っているからこそ、そこからの隔たりが心地良く、堪らない。

そんなブランドです。

絶妙な差を演出する素材と加工

kolor_2013aw_14

よく「大人のカッコよさ」と表現されることがありますが、まさにその通りだと思います。

あまりに目立ちすぎることはなく、「ちょうど良いカッコ良さ」を提案してくれる気の利いたブランドです。

その代表的な素材や加工を、アイテムと共に見ていきます。

ナイロンカバリング

kolor ナイロンカバリングカーディガン

名前にあるように、ナイロンでカバーしたウールを編み込んだ、特徴的な素材です。

この素材を利用した上のジャケット(カーディガン)は、独特のシャリ感やドレープ感、袖や裾のたまり具合が唯一無二のアイテムです。

ワントーンコーデでもこれ一つ羽織ればそれだけで差別化が図れることもあり、ブランドを代表するロングセラーとなっています。

ウールダンボール

ウールダンボールコート

このウールダンボールは、2枚の生地をつなぎ合わせたウール素材です。

ダンボールのような断面構造で、生地と生地の間にできる空気層に体温の温もりを蓄えることができ、柔らかさと軽さを両立しています。

ウールと言いながらも素材感的にはむしろスウェットに近い印象を受けます。

表と裏で生地が異なるため、ラペルなどを折り返した時に表情が変わるのも可愛らしいです。

ボンディング加工

kolor ボンディング加工パーカー

これは表地と裏地を張り合わせる加工です。

画像はパーカーですが、他にもアウターなど色々なアイテムに使われています。

この加工は、丸みのある立体的なシルエットを可能にし、可愛らしいボリューム感が生まれます。

エバーチンツ加工

カラー チンツ加工

チンツ加工とは、綿の平織りの織物に、ろう引きあるいは厚糊をつけてから、フリクション・カレンダーに通すつや出し加工の一種です。

このエバーチンツ加工は、半永久的に光沢がある加工のことで、ナイロンのような光沢とすべすべとした触感があります。

パッカリング加工

kolor パッカリングパンツ

kolorでも定番の手法、パッカリング(うねり加工・縫い)です。

この加工がサイドラインのように入れられたパッカリングパンツはブランドを代表する定番アイテムです。

太めの見た目ながら、実際に履いてみた時の立体感や雰囲気が高く評価されている一本です。

カッコ良すぎることを良しとせず、絶妙なバランスこそをよしとするkolorらしいアイテムで、

その逆説的な魅力を捉えて「ブサイク・パンツ」とも呼ばれます。(ユナイテッドアローズの栗野宏文氏が命名)

kolorの別ライン

kolor BEACON

beacon_58077950_02

またkolorにはそのセカンドラインという訳ではないのですが、kolor BEACONというラインがあります。

これはかつてのコレクションの復刻的な位置づけのようです。

質はそのままに(ほんの少し)安価にkolorを買ってみたい人には持って来いかもしれません。

adidas by kolor (アディダス バイ カラー)

adidas-kolor

こちらは2015AWよりスタートしたばかりのadidasとのコラボラインです。

宇宙飛行士の装備を彷彿させるルックですが、kolorらしい独特なデザインセンスと体温を調節できるアディダス独自の素材を組み合わせた着心地のよいアイテムが揃います。

本コレクションのメインルックでも使用されるようなアイテムもあり、これからも継続してリリースされていきそうです。

21_kolor_2014-15AW_look_eye

こうして紹介してきたブランド、kolor (カラー)。

パターン、素材、縫製のバランスに拘っているからこそ生まれる味は世界的に高い評価を受けています。

とにかく良いブランドです。

また是非一度実物を探してみてください。

kolor_mens_2012ss_14

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/308

スポンサーリンク

ABOUT管理人

結城 一

鈴蘭幼稚園卒。神戸大学経済学部卒。
市民レコード。
ゲンスルー。免罪気質。 服・音楽・アニメ。
おかげさまで月3〜4万PV程度。
広告掲載などお問い合わせはFacebookのメッセージまでお願いします。