Needles (ニードルス)|ジャージを巧みに落とし込むブランド

needles メンズファッションブランド ジャージ

Needles (ニードルス)/デザイナー 清水慶三

渋谷の老舗セレクトショップ「ネペンテス」の創始者、清水慶三氏が手がけるブランド、Needles (ニードルス)。

デザイン・企画は全て清水氏がされており、日本のインポートファッションを20年近く牽引し、数々の服を見てきた経験がそのセンスを裏付けます。

NEEDLES_2016aw

ブランド名の「Needles」はもちろん、洋服が生まれる時にも利用される「針」という意味ですが、

言葉遊び的な形で「Need-less」という意味もかかっており、「必要以上のものはいらない」というコンセプトもブランド名の裏側に潜んでいると言います。

needls_2016SS

ルックを覗いてみるとかなり特徴的な一枚が多く、シンプルではなない、と言う印象を受けるかもしれませんが、

日本であまり採用されていない型が使われているだけで、その服のルーツがある国ではごく当たり前のように着られている服が多いです。

NEEDLES_2016aw_ルックブック

時にオリエンタルに、時にアメカジに、、

シーズンによって様々なテーマが扱われますが、身近な世界で凝り固まった「当たり前のコーディネート像」を否定してくれるブランドです。

この辺りも長年に渡って世界中の服を見てきた清水氏の妙かと思います。

ニードルスのジャージ

9b402b931a0405f7a3d45e8b2b8b6648

そんなニードルスらしい合わせ方が光る、ブランドを代表する典型的なアイテムがこちらの「ジャージ(トラックパンツ)」です。

この画像も勿論ですが、例えば一番上の写真でモデルが着ている渋い紫色のセットアップ、これも正真正銘のジャージです。

ニードルス トラックパンツ

いくらスポーツミックスの流れが来ていると聞いても、ジャージまで履き切る勇気はなく、スウェット程度で限界という人も多いでしょう。

そんな中でニードルスは、毎シーズンこうやってジャージをスタイリングの一部として非常にクールに提案してきます。

Needles

やはりどうしてもジャージと言うと、一般的な固定観念で否定されがちなアイテムです。

しかしそんなアイテムをファッション的な観点から、抜け感を出せるリアルクローズとして提案してくれるのはカッコイイですね。

服への深い理解があってこそ成立する提案かと思います。

Needles ジャージ トラックパンツ

非常に綺麗でドレスライクなシルエットでありながらも、アイテムとしてのくくりは確実にジャージであるというのが堪りません。

デザイナーの清水氏はこのトラックパンツに白シャツを合わせたりされるそうです。

needls_2016SS_05

本来ジャージはスポーティーさの象徴とも言うべきアイテムで、ドレス感のあるアイテムとは真逆に位置するはずですが、

それがむしろ良いバランスでハマります。

NEEDLES_2016aw トラックパンツ ベロア

ベロア素材の物もあります。

シーズンごとにシルエットや素材を変えながら展開されるトラックパンツ。

ハズシとは何たるかを弁えた上で手に取ってみるとその絶妙なバランス感に惹かれること間違いなしの一押しアイテムです。

65035

Needlesは他にもモヘアニットやネルシャツなど、

中々男臭いべーシックなアイテムを定番で作ったり、日本の古風な感じの服を作ったり、色々面白いブランドです。

服から漂う雰囲気に価値を見出すという方には手放しでオススメできるブランドだと思います。

needles_14ss_42

このルックはオリエンタルな雰囲気が堪りませんが、履いている下駄が実はこのブランドの定番アイテムであったりします。

下駄作りの名家にビブラムソールを合わせたセンスが光ります。

Needles ルック

独特の雰囲気は少し玄人向けかもしれませんが、好きな人には相当ハマってくれるかと思います。

また機会があれば是非探してみてください。

NEEDLES_2016aw ルック

詳しいコレクションはこちら

http://www.fashion-press.net/collections/brand/1208

スポンサーリンク